コリャーク言語民族誌 - 呉人惠

コリャーク言語民族誌

Add: okudu88 - Date: 2020-11-20 18:35:19 - Views: 6056 - Clicks: 890

はじめに シベリア北東端に暮らすコリャークは,物 質・精神文化や神話などが北米インディアン 諸民族と類似していることから,旧大陸から. コリャーク言語民族誌/呉人 惠(歴史・地理・民俗) - 著者のフィールドワークで得られたコリャーク語の民俗語彙を中心とした一次資料をもとに、コリャークの人々を取り巻く多様な自然環境の範疇化と、これ. 呉人惠著 言語: 日本語 出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会,. 1 図書 コリャーク言語民族誌 = Linguistic ethnography of the Koryak. 向き合うなかで、言語を通して見た、あるい は言語に刻印された、人々の暮らしと世界観 にも深い関心を寄せている。昨年刊行された 『コリャーク言語民族誌』(呉人)は、 そのような氏の研究スタンスが紡ぎ出した、 稀有な民族誌の試みである。. コリャーク言語民族誌: 呉人惠 著: 北海道大学出版会:.

北海道大学出版会. 所属 (現在):富山大学,学術研究部人文科学系,教授, 研究分野:言語学,言語学・音声学,人文・社会系,文化人類学(含民族学・民俗学),小区分0:言語学関連, キーワード:コリャーク語,古アジア諸語,文法記述,危機言語,チュクチ語,文法,言語類型論,複統合性,北方諸言語,消滅の危機に瀕した言語. Amazonで呉人 惠のコリャーク言語民族誌。アマゾンならポイント還元本が多数。呉人 惠作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコリャーク言語民族誌もアマゾン配送商品なら通常配送無料。.

呉人 惠 著 『コリャーク言語民族誌』 (札幌,北海道大学出版会, 年2 月,xiii+379 頁,7600 円+税) 津 曲 敏 郎 本書の概要 本書は、シベリア北東端のチュコト半島からカムチ ャツカ半島にかけて話されているチュクチ・カムチャツ. コリャーク言語民族誌: 著者: 呉人惠 著: 著者標目: 呉人, 恵, 1957-出版地(国名コード) jp: 出版地: 札幌: 出版社: 北海道大学出版会: 出版年月日等:. 2 形態: xiii, 379p, 図版 1 枚 ; 22cm 著者名: 呉人, 恵(1957-) 書誌ID: BAISBN:X. 話者数4000人足らずの危機言語コリャーク語。コリャークの彼らを取り巻く多様な環. 呉人 惠『コリャーク言語民族誌』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

2 形態: xiii, 379p, 図版 1 枚 : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 呉人, 恵(1957. コリャーク言語民族誌 呉人 惠著 判型: a5 上製 頁数: 398 isbn:cコード: c3087 発行日:定価: 8,360円 (本体価格7,600円+税) 在庫あり. コリャーク言語民族誌 - 呉人恵 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. いかと思います。 さて、今日はシベリアのコリャークというトナカイ遊牧民の言 摘したいと思います。. : ツンドラで滅びゆく言語と向き合う: 呉人恵 著: 大修館書店:.

博士(文学)呉人 惠 学位論文題名 コリャーク言語民族誌 学位論文内容の要旨 1)本論文の観点と方法 本論文は、シベリア北東端のチュコト半島からカムチャツカ半島にかけて話されている. 本研究は、コリャーク語に映し出された自然認識とその分類システムについて言語民族学的見地から考察を加え、研究終了時には成果報告書を刊行することを最終的な目標として進められてきた。そのために、研究は現地調査における一次資料の収集と、本国でのそれらの整理分析の2本立てで. コリャーク言語民族誌 = Linguistic ethnography of the Koryak フォーマット: 図書 責任表示: 呉人惠著 言語: 日本語 出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会,. ショッピングカート 探検言語学今,世界ではグローバル化が進む一方で,近代文明から隔絶した自然環境のなかで小さな民族が伝統的な生業を営む辺境地域は,縮小の一途をたどっている。. 3: 危機言語を救え!

Bib: BAISBN:X. 呉人 惠 (富山大学教授) 講演. │ シベリアのコリャーク語は今 │ シベリアのトナカイ遊牧民コリャークの言語.

02 『コリャーク言語民族誌』 北海道大学出版会:札幌 全379頁 呉人惠. 呉人 惠 北海道大学図書刊行会. 呉人 惠 コリャーク言語民族誌 ()〔論文博士〕 小野瀨 知美 『源氏物語』研究 -明石中宮を中心にして- () 高橋 啓太 戦後文学研究 -<戦後>の来歴 () 横川 大輔 2: 環北太平洋の言語: 津曲敏郎 編: 北海道大学大学院文学研究科:. Affiliation (Current):富山大学,学術研究部人文科学系,教授, Research Field:Linguistics,言語学・音声学,Humanities and Social Sciences,文化人類学(含民族学・民俗学),Basic Section 0:Linguistics-related, Keywords:コリャーク語,古アジア諸語,文法記述,危機言語,チュクチ語,文法,言語類型論,複統合性,北方諸言語,消滅の. 2 形態: xiii, 379p, 図版 1 枚 : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 呉人, 恵(1957-) 書誌ID: BA以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が参照できます。 紀伊國屋書店BookWeb:. 呉人, 恵(1957-). 呉人徳司, 呉人惠著 言語:.

コリャーク言語民族誌 = Linguistic ethnography of the Koryak Format: Book Responsibility: 呉人惠著 Language: Japanese Published: 札幌 : 北海道大学出版会,. 呉人徳司, 呉人惠著. コリャーク語はシベリア北東部、カムチャツカ半島の北部を中心に話されている話し手3000人足らずの言語です。 子供たちはすでにコリャーク語を母語として習得せず、ロシア語化してしまっているため、この言語の未来への継承の道は断たれてしまってい. Pontaポイント使えます! | コリャーク言語民族誌 | 呉人恵 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. コリャーク語の形容詞 : その動詞的および名詞的性格と類型論的位置づけ / 呉人, 惠 ; クレビト, メグミ ; Kurebito, Megumi フォーマット: 論文 言語: 日本語 出版情報:. 考察にあたっては、コリャーク語の語彙的接辞に関する拙稿(呉人 :101-124)を 踏まえながら、これを補充する資料の収集ならびに調査を各地でおこなった。コリャー ク語の資料は国立民族学博物館図書館で、エスキモー語の語彙的接辞に関する資料は北. 北海道立北方民族博物館 〒北海道網走市字潮見309-1 電話. 2 形態: xiii, 379p, 図版 1 枚 : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: コリャーク言語民族誌 - 呉人惠 呉人, 恵(1957-) 書誌ID: BAISBN:.

コリャーク言語民族誌 = Linguistic ethnography of the Koryak / 呉人惠著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: コリャーク ゲンゴ ミンゾクシ 言語: 日本語 出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会,. 書評・紹介 呉人惠著『コリャーク言語民族誌』 津曲 敏郎 北海道民族学 ((7)), 60-62,. タイトル: 書評・紹介 呉人惠著『コリャーク言語民族誌』 著者: 津曲 敏郎: 出版地(国名コード) jp: 出版年(w3cdtf). 探検言語学 : ことばの森に分け入る. 2 Description: xiii, 379p, 図版 1 枚 : 挿図, 地図 ; 22cm Authors: 呉人, 恵(1957-) Catalog. 2: 大きさ、容量等: 379p ; 22cm: 注記 文献あり 索引あり isbn:: 価格: 7600円: jp番号:: ns-marc番号.

『コリャーク言語民族誌』. 呉人 惠 コリャーク言語民族誌 ()〔論文博士〕 小野瀨 知美 『源氏物語』研究 -明石中宮を中心にして- () 高橋 啓太 戦後文学研究 -<戦後>の来歴 () 横川 大輔. 人文科 学系 コリャーク言語民族誌 呉人 惠 富山大学 人文学部 教授 呉人 惠 和文 A有限責任中間法人北海 道大学出版会 1,500,人文科 学系. Amazonで呉人 惠のコリャーク言語民族誌。アマゾンならポイント還元本が多数。呉人 惠作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコリャーク言語民族誌もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. posted with ヨメレバ.

03 「コリャーク語の形容詞:その動詞的および名詞的性格と類型s論的位置づけ 」『アジア・アフリカ言語文化研究』77 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所:東京. コリャーク語の形容詞 : その動詞的および名詞的性格と類型論的位置づけ 呉人, 惠; クレビト, メグミ; Kurebito, Megumi. コリャークの伝統的命名⽅法における再⽣観念とその変容 富山大学人文学部 呉人惠 コリャーク (Koryak) は、シベリア北東端、オホーツク海を挟んでカムチャツカ半島か らその対岸にいたる海岸地域ならびに内陸地域に居住し、主にトナカイ遊牧や漁労に従事.

異なるタイプの言語の対照から見える普遍性―コリャーク語と英語の場合 呉人 惠 (富山大学) 1.

コリャーク言語民族誌 - 呉人惠

email: ocacot@gmail.com - phone:(668) 795-4124 x 6589

思い出のピンクビーチ - キャシー・リンツ - 六本木カフェ

-> 宮沢賢治・終末と創世の秘儀 - 清水正
-> 花色図鑑 - 講談社

コリャーク言語民族誌 - 呉人惠 - 英語多読法 古川昭夫


Sitemap 1

人生、進むべし - 富島健夫 - やさしい味覚障害の自己管理